2021年度第82期 入学式

ーJFを担う14名の入学生ー

第82期生の入学式を行い、14名全国各地から入学
北海道6名、千葉県4名、京都府1名、和歌山県1名
吉田校長の訓辞
入学生を代表して、坂本葉月さん(千葉県)

4月6日(火)10時30分より、第82期生の入学式を行い、14名(北海道6名、千葉県4名、京都府1名、和歌山県1名、広島県1名、愛媛県1名)の学生が、全国各地から入学してきました。

吉田校長の訓辞では「一年後の今頃には、JFの若き担い手として、漁協現場の真只中に入り、或は戻ることになると思いますが、ここで学んだ知識、理念、柔軟な思考、若さを力に、漁業者の幸せのために、どのようなチャレンジをしてくれるかを思うと、今から期待が膨らみます。

寮生活においてはその経験が、多様性を尊重し、その中でも、自主・協同を重んじる精神を培う大切な機会となると思います。共に過ごした仲間が、皆さんの一生の宝となるよう努力してください。」と述べました。

また、全国漁業協同組合連合会の中平専務、農林中央金庫JFマリンバンクの木村部長、全国共済水産業協同組合連合会の山下常務、全国漁業協同組合学校同窓会の髙橋会長よりご祝辞を頂きました。

そして、最後に入学生を代表して、坂本葉月さん(千葉県)が「私たち14名の入学生は、これからの新しい環境での生活、仲間への希望に胸を大きく膨らませ、この一年間の寮生活で、“自主・協同・友愛”の精神を基に、お世話になる先生方や関係団体の皆様、そして故郷から期待を込めて送り出してくれた家族や友人の皆様に、大きく成長した姿を見て頂けるよう、仲間と共に互いに高め合いながらそれぞれの目標を成し遂げていきたいと思っています。」と強い意志を伝えました。

これからの1年間、何卒よろしくお願い致します。