2020年度 第81期全国漁業協同組合学校 卒業式

全国漁業協同組合学校 卒業式

2020年度(第81期)の卒業式
本校校長(吉田博身)より激励のお言葉
学生代表 上杉謙太さん

やわらかな春の日差しが感じられる3月5日(金)、全国漁業協同組合学校2020年度(第81期)の卒業式が執り行われました。

コロナ禍の影響もあり例年通り盛大とはいかないながらも、第81期生の8名は、浜のリーダーとなるべくそれぞれの新天地へと巣立っていきました。

今年度は4月から通常通りの授業が実施できず、悪戦苦闘しながら過ごした1年でした。5月からはZOOMによるオンライン授業をはじめ、漁協実習の日数短縮、見学研修の見送り等に見舞われ、例年通りとはいかず物足りない年となってしまいましたが、誰一人として体調を崩すことなく、明るく元気に過ごしてくれたことが何よりでした。そして、各賞では水産庁長官賞に矢代健祐さん(銚子市漁協)、全漁連会長賞に松田大輔さん(名護漁協)、漁村教育会長賞に石山聡士さん(千葉県)が受賞しました。

本校校長(吉田博身)より、「皆さんが選んだ職業は、漁業者をあらゆる面からサポートし、そして、人が笑顔で暮らせる豊な漁村をつくっていくというやりがいのある仕事です。皆さんが選んだ道、その選択を心から祝福します。また、〝漁村の先達たれ″という本校の創立者たちのこの学校で学ぶ学生への思いと期待が込められたこの言葉を、皆さんへのエールとして送ります。」と激励のお言葉を頂きました。

最後に、学生代表として上杉謙太さん(北海道)が「寮生活では、一つ屋根の下で寝食を共にしてきたことにより人生最高の仲間に出会うことができました。諸先輩方が守り続けてきた組合学校の歴史があるからこそ、私達第81期生の〝今″があると感じています。これからは感謝の気持ちを忘れず、〝自主・協同・友愛″の精神を胸に、漁村・水産業の発展に貢献できる人材となることを目指してゆきます」と力強い気持ちを述べました。

このように規模を縮小しながらも卒業式が滞りなく挙行できた背景には、日頃より本校の運営にご理解とご協力をいただいております全国のJFグループ、各関係者の皆様のおかげと思っております。その証としてたくさんの祝福のお言葉を頂きました。本当にありがとうございます。

組合学校はこれからも漁協・漁村を発展させていく人材を育成し、各浜々へ送りだせるよう、水産業の課題と向き合いながら前進していきたいと思っています。これからもご支援頂けますよう何卒よろしくお願い致します。