2019年度 第80期入学式

2019年度全国漁業協同組合学校 第80期入学式
―JFを担う学生8名が入学―

4月5日(金)11時より、第80期生の入学式が本校にて、新入生8名を迎え行われました。

吉田校長は訓辞として、「新入生の皆さんは、1年後の今頃、JFの担い手として、漁協現場の真只中に入ります。ここで学んだ知識や心構え、若さを力に漁業者の幸せのために役割を果たしてくれるか今から期待が膨らみます。1年間の学習と寮生活を経て互いの絆を深め、逞しく成長することを心から願っております」と述べました。
また、また、全国漁業協同組合連合会の古関専務理事、農林中央金庫の木村執行役員 JFマリンバンク部長(砂長JFマリンバンク部副部長代読)、全国漁業共済組合連合会の猪苗代専務理事、全国漁業協同組合学校同窓会の髙橋会長よりご祝辞をいただき、学生たちは熱心に耳を傾け、入学の決意を新たにしました。

最後に新入生を代表して、山田佳人さん(北海道)が「本日入学した8人が、1年間の寮生活で協同組合精神を養い、切磋琢磨しながら勉学に励み、目標達成に向けて邁進していく」と力強く宣誓しました。

入学生8名の出身地は、北海道7名、宮城県1名となっています。